目のストレスから守るプロテクションメガネ

近年、スマートフォンなどのデジタル機器の普及により、
現代人は、「近くを見る時間」が増えています。


それに伴って、目を休ませる機会が減少し、
目にかかるストレスは、知らないうちに、身体に蓄積しています。


プロテクションメガネ
(※視覚情報センター考案) は、
そんな現代人の視環境に適用できるために調整した、


読み書きやパソコン、スマートフォンといった、
主に手元の作業に用いるメガネです。

 

〈目的〉
  • 近視進行(視力低下)の予防
  • 手元作業の眼の疲労から起こる肩こりや頭痛
  • 不定愁訴の軽減
  • 健康維持、予防
  • 集中力、持続力などの能力向上

視力の良い人はもちろんですが、
レーシック手術を受けた人の健康維持にも効果的です。

 

そして、老若男女問わず使っていただける次世代型メガネです。

近くを見るストレス

 

人類の歴史から見ると、人間の眼は、手元の小さな文字や映像を、
長く見続ける構造になっていません。

 

何万年も昔、人類は狩りを中心に生活していました。

 

人間が、手元の小さな文字や映像を、
長く見続けるようになったのは、つい最近のことです。

 

人間の眼は、まだまだ進化の段階にあり、
遠くを見るためのディフォルト設定のままであります。

 

眼は、「毛様体筋」と「外眼筋」の2種類の筋肉を使って活動しています。

この2種類の筋肉がバランスよくうまく連動することで、
正確に早く楽に脳へ情報を届けることができます。

 

単にハッキリ見えることが良い眼ではなく、

「両眼が調和し」
「見る気(心)が伴い」

そして行動や成果につながってはじめて、
良い眼と言えることができます。

 

2種類の筋肉の緊張が高まると…

「近視や乱視」
「眼精疲労」
「頭痛」
「肩こり」
「吐き気」

を引き起こします。

 

それが慢性化してくると、

目の病気(緑内障や黄斑変性症)などを引き起こしたり、
血圧の変化など、自律神経のバランスを崩し、
「心身の健康」に害を及ぼす場合もあります。

 

特に、近くを見続ける行為では、眼の緊張は高まります。

 

そして、遠方視力の良い人(遠方メガネを装用も含む)ほど、緊張が高まります。


近視の方は、メガネを外すことで、
毛様体筋(ピント調節)の緊張は緩みますが、

両眼を内側に寄せるための、「外眼筋の緊張」は高まっています。

 

眼のストレスから抜け出すためには、
この「2種類の筋肉の緊張を緩めてあげる」ことが大事です。

 

視覚ラボでは、眼は部分的な器官ではなく、
「心と体」までを含めた一体のものとして考え、
心身の「健康と能力」を眼からサポートします。